内脂サポートの飲み方@いつ飲むのがBEST?飲むタイミングを間違うと・・・

内脂サポートの飲み方@いつ飲むのがBEST?飲むタイミングを間違うと・・・

ファンケルの内脂サポートは腸内環境が改善することで体重・体脂肪を減らすことができる評判のサプリメントです。
健康診断でメタボと指摘されないかと心配な方、ダイエットしている方は一度試してみても良いかもしれませんね。

 

大手企業のファンケルがしっかりと品質を管理している安心のサプリメントです。そんな評判のファンケルの内脂サポートですが、飲み方はいつ飲むのが良くて、飲むタイミングが間違うと体に良くない飲み方などの疑問をまとめました。

 

お時間もない方もおられるでしょうから、飲み方について答えを書いておきます。

 

「夕食の前か後に水かぬるま湯で4粒を継続して飲む」

 

が 内脂サポートの力を最大限に引き出す効果的な飲み方です。

 

胃が強い方は夕食前、胃が弱い方は夕食後が良いでしょう。

 

では理由について気になるでしょうから順を追って見ていきましょう。

 

飲み始めるなら最安値税込1500円で始められる公式サイトがお得です↓


なぜ飲むタイミングは夕食前か後がいいの?

内脂サポートをいつ飲むのが良いかというと、夕食前か終わりに飲むのが良いでしょう。

 

ではどうして夕食前か終わりに飲むのが良いのでしょうか?

 

決まって夕食の時というのは飲み忘れを防ぐためと、翌日の朝にお通じを良くするためです。

 

内脂サポートは生きたままのビフィズス菌を腸に届けることで痩せることができます。

 

詳しく説明するとファンケルの内脂サポートに入っている生きたビフィズス菌が腸に【生きたまま】届くことで効果を発揮してくれます。生きたままビフィズス菌が腸に届くことで腸内環境を整えることができ、エネルギー蓄積や消費を調整してくれる「短鎖脂肪酸」を増やす菌が増えることで体脂肪を減らすことができます。

 

内脂サポート体重減らす効果の理由

 

※「短鎖脂肪酸」とは?

ヒトの大腸内でも腸内細菌が食物繊維(難消化性糖類)を発酵する際に短鎖脂肪酸を産生し、健康維持に欠かせない役割を果たしている。ヒトの場合、酢酸、プロピオン酸、酪酸の3種が代表的な短鎖脂肪酸である[3][4]。ヒトの体で短鎖脂肪酸が作られる部位は腸内細菌が多い大腸で、作られた短鎖脂肪酸は大腸から体内に吸収される。

 

短鎖脂肪酸:ヒトとの健康のつながり
有害物質からのバリア機能の強化、肥満の予防、食欲の抑制、免疫機能の調節、等。

 

(出典:wikipedia短鎖脂肪酸一部抜粋

もし内脂サポートの飲むタイミングを間違うと・・・

内脂サポートは薬ではなく「食品」に分類されるサプリメントです。

 

薬ではありませんから飲むタイミングが間違っても副作用はありません。

 

副作用はないのですが、ひとつ気を付けるべき点としては、空腹のときにサプリメントを飲むと胃に負担をかけてしまうためオススメできません。

 

食事の前後に内脂サポートを飲むことを心がけましょう。

内脂サポートはどんな飲み物で飲んだらいいの?

内脂サポートを何で飲むのかいいのかというと基本的には薬と同じように水かぬるま湯です。

 

避けた方が良い飲み物はお酒とスポーツ飲料です。

 

お酒はアルコール成分が入っているため生きたビフィズス菌を死滅させて効果が出にくくなってしまうことがあります。スポーツ飲料は体に浸透しやすいように作られた飲み物のため一緒に取った成分を過剰に効果を発揮させてしまうことがあるため体調不良になってしまうかもしれませんのでオススメできません。

内脂サポートの最安値は公式サイトのお試し1500円!

内脂サポートはどこで購入すると安いのでしょうか?

 

大手通販サイトを調べてみました。
楽天市場は3500円でした。
アマゾンは販売されていませんでした。

 

初回限定ですがファンケルの公式サイトが一番お得です!
内脂サポート楽天

 

内脂サポート楽天

 

飲み始めるなら最安値税込1500円で始められる公式サイトがお得です↓